リクシルゲートフレームプラスGの昼と夜の顔。

重厚感や高級感、などスタイリッシュで落ち着きのある雰囲気を出したいときにお勧めしたい「リクシルのゲートフレームプラスG」

今日は、2件の施工事例をピックアップして、お昼の顔と夜の顔の変化の違いを見ていきましょう。

まずは、こちらのせ施主様のお家でお昼間の「プラスG」の雰囲気を見ていきましょう。

ゲートフレームのお色はブラックにされ、スタイリッシュでかっこいい印象に。

おうちの外壁が白なので、黒でアクセントをつけてあげることで全体がしまってみえます。

シャイングレーのデザイン格子も使用し、黒色との愛称は抜群。

これがあることにより、緑色の植物のお色が映えて明るく清潔感のある雰囲気に変わります。

こちらの施主様は、クリエダーク色を選択して落ち着いた大人の雰囲気に。

リクシルゲートフレームプラスGは、埋め込み式のダウンライト(LIXIL美彩)を設置することができ、

上からの照明で外壁や植物を照らして空間に立体感を持たせます。

照明をつけるだけでおうちの雰囲気に柔らかさが加わって温かい印象になりますね。

ゲートフレームプラスGは、格子のスクリーンデザインをお好みの本数取り付けるのことができ、夜は隙間から溢れる光がとても綺麗に見えます。

こちらの施主様はお庭側に格子を8本、玄関側に3本とってコントラストを楽しまれています。

縦長の格子は空間を大きく魅せてくれる効果もあるので、お庭やアプローチなどにぜひご検討ください。

 

関連記事

PAGE TOP